業者を見極めるポイント

>

良い工事に相談できるように

たくさん話し合おう

まずは、どんな会社にリニューアルしたいのかイメージを固めてください。
そしてそれを業者に、正しく伝えることが重要です。
イメージを業者がわかってくれないと、希望通りのリニューアルになりません。
全く異なるデザインになったり、いらない機能を付けられたりしてしまいます。
最悪の場合は、仕事を進めにくい環境になるのでよく話し合いましょう。

話し合った時に、自分の意見をすぐに理解してもらえない時は相性が悪いと判断できます。
そのまま話し合いを進めても、内容がまとまるまでに時間が掛かるでしょう。
余計な時間が発生するので、別の業者に相談した方が良いと思います。
契約する前ならキャンセルしたり、別の業者に切り替えたりできます。

アドバイスを聞いてみよう

イメージが固まらない場合は、業者にアドバイスを聞いてください。
相性の良いスタッフに相談することで、希望を叶えるためにはどのような機能が必要なのか教えてくれます。
具体的に決まっていなくても、仕事を進めやすい環境にしたい、社員同士がコミュニケーションを取りやすくしたいなど希望を伝えてください。
そのぐらいアバウトな希望でも大丈夫です。

またデザインが決まった時に、スタッフに見せることで実現できるのか教えてもらえます。
せっかくデザインが固まっても、建物の構造的に不可能だと言われるかもしれません。
しかしスタッフは、代わりのアイデアを出してくれます。
そちらを採用すると実現でき、希望も満たせるリニューアル工事になります。


この記事をシェアする

TOPへ